日々熾烈化する検索各社の競争

Dan Farber(ZDNet.com) 2005年07月01日 19時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 検索エンジンの分野で熾烈な戦いが繰り広げられている。複数のプレイヤーがしのぎを削る状態こそが、技術進歩を生み出すことは明らかだ。Google、Microsoft、Yahooをはじめ、大小取り混ぜたたくさんの企業が、新しい機能の追加や、ときには重要な技術革新を実現し、抜きつ抜かれつの競争を繰り広げている。

 もちろん、このような競争が起きるのは、ベンダーが大量の資金を投入しているからであり、エンジニアは徹夜をしてでも難しい問題を解決してやる、というプライドを燃やしているからだ。

 ネットワークそのものと同じように、検索はインターネットの基礎を成す技術だ。だが、ただで使えてどこにでもあるからといって、必需品と考えられるまでに至ってないのも事実だ。ローカル検索、パーソナライズ検索、メタ検索、動画検索、デスクトップ検索など、検索の技術は確かに進化してきている。だが、これらの技術はまだまだ発展途上だ。検索エンジンには、Trivial Pursuit(欧米で人気のあるクイズゲーム)の質問などに対して満足のゆく答えを返す能力がまだ備わっていない。

 WebSideStoryによると、(米国では)Googleが検索トラフィックの52%を占めるという。だが、だからと言ってGooglerたちも安心してばかりはいられない。

 MicrosoftのCEO、Steve Ballmerは、「検索エンジンの技術が成熟したと思うのは間違っている。10年後の検索エンジンが今と同じままだとは誰も思わないはずだ」と語った。彼は、これから6カ月の間に、Microsoftは検索結果の精度においてGoogleを追い抜くと宣言した。彼の発言は、検索エンジンのベンダーにベストを尽くさせ、こぞって技術を進化させ続けるために必要な一喝だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化