編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

富士通、大規模医療機関向けWebカルテシステムを発売

エースラッシュ

2005-07-04 22:35

 富士通は7月4日、大規模医療機関を対象にした、Web型カルテシステム「HOPE/EGMAIN−EX WebEdition」を開発、販売を開始すると発表した。

 「HOPE/EGMAIN−EX WebEdition」は、同社が発売しているWebカルテシステム「HOPE/EGMAIN−EX」にWeb版。Servlet/JSPで構築されており、PCに独自のアプリケーションをインストールせずに利用できる。また、アプリケーションをサーバで集中管理するため、個々の端末へのインストールやバージョンアップなどの管理作業は不要となる。

 同製品により、患者の同意のもと複数医療機関で相互に電子カルテをインターネット環境で利用することが可能となる。同社は、これにより「広域で医療情報を共有する時代」に向けた広域チーム医療の実現を支援するという。

 「HOPE/EGMAIN−EX WebEdition」の価格は1億2000万円からとなっており、7月13日から15日に東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2005」に出展される。

富士通

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]