編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、64ビット対応2WAYブレード型IAサーバ「PRIMERGY BX620 S2」を発売

エースラッシュ

2005-07-06 22:50

 富士通は7月6日、2WAYブレード型サーバ「PRIMERGY BX620 S2」の販売を開始した。

 PRIMERGY BX620 S2は7Uの省スペースシャーシに最大10枚まで搭載できるブレードサーバだ。64ビットのインテルXeonプロセッサを最大2個まで搭載し、高速で高性能な環境を実現した。また、ギガビットイーサネットのインターフェースを標準で2ポート、最大で6ポートまで装備し、ファイバチャネルのインターフェースもオプションで2ポートまで装備可能。

 さらに同社製ソフトと組み合わせることにより、OSやアプリケーションの一括インストールをはじめ、サーバやストレージの一括管理、故障箇所の検知と自動復旧などが行える。

 同製品はSAN Bootシステムをサポートしており、同社では今回の発売にあわせ、同システムの構築に必要となるハードやソフトをセットにしたモデルを、「SAN Bootソリューション」として提供するという。価格はサーバブレードが44万円から、シャーシは35万円からとなっており、7月15日より出荷が開始される。SAN Bootベースモデルは276万円からでこちらの出荷時期は8月末より行われる。

 同製品は7月14日、15日に東京国際フォーラムで開催する「富士通フォーラム」へ出展される。

富士通

富士通のプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]