AMDの64ビット「Sempron」、レノボがまずデスクトップへ

Michael Singer(CNET News.com) 2005年07月11日 12時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)の関係者は先週、中国のPCメーカーLenovo Groupが、AMDの新しい64ビットマイクロプロセッサ「Sempron」をデスクトップ製品で採用する最初の企業になることを明らかにした。

 既報の通り、AMDは64ビット処理機能を同社製マイクロプロセッサすべてに拡大して採用する計画を発表している。チップを64ビット化すれば、処理速度が高速化し、また4Gバイトを超えるメモリ空間を扱えるようになる。現在、ほとんどのPCでは512Mバイト〜1Gバイトのメモリしか搭載していないが、メモリの容量が増加すればそれだけ処理速度が向上する。

 Sempronはエントリーレベルのデスクトップ向けプロセッサと考えられており、通常はAMDのプロセッサのなかでも最も値段が安い。Sempronは現在、2600+(74ドル)、2800+(83ドル)、3000+(98ドル)、3100+(113ドル)、3300+(140ドル)という5種類のモデルが販売されている。

 この発表の2週間前には、IntelがSempronと直接競合する「Celeron D」プロセッサを発表していた。

 一般のPCユーザーはまだ64ビット技術を導入する態勢が整っていないというアナリストは多いが、AMDではローエンドシステムにさえ64ビット技術を求める声が顧客から上がっていると述べている。同社は、Microsoftから先ごろ「Windows XP x64 Edition」オペレーティングシステム(OS)がリリースされたことを、市場の態勢が整った根拠として挙げている。

 AMDによると、Sempronチップでは、Windows XP Service Pack 2と互換性のあるウイルス保護機能が提供されるほか、他のコンピュータと接続もより高速になり、グラフィックス性能も改善されるという。

 今年に入ってIBMのPC部門の買収作業を完了したLenovoは、これまで「ThinkCentre」や「TianJiao A Series」などのデスクトップコンピュータにAMDプロセッサを採用するかについては明言を避けていた。

 Lenovoは、DellとHewlett-Packard(HP)に続く世界第3位のPCメーカーであり、今年は43億ドルを超える半導体を購入して、世界半導体購入ランキングの第9位になると、市場調査会社iSuppliでは予想している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算