編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

アドバンスト・メディア、低負荷の携帯電話向け音声認識サービスを開始

ニューズフロント

2005-07-12 20:18

 アドバンスト・メディアは7月12日、携帯電話向けに音声認識機能付きコンテンツを実現するASPサービス「AmiVoice DSR for Mobile Contents」の提供開始を発表した。

 AmiVoice DSRは、携帯電話端末向けのクライアント「AmiVoice DSR Client」とサーバ向けの「AmiVoice DSR Server」という2つのソフトを組み合わせて、音声認識を実現する。クライアントとサーバで分散処理することで、携帯電話に負担をかけない音声認識システムを構築できる。

 同サービスは、AmiVoice DSR ServerをインストールしたサーバをASP方式で提供する。コンテンツプロバイダがAmiVoice DSR Clientを組み込んだクライアントアプリケーションを作成すれば、エンドユーザーへの音声認識機能付きコンテンツ提供が可能となる。ASP利用料金はコンテンツプロバイダが定額で支払い、エンドユーザーに対する直接課金は行わない。

 音声認識を実行するにあたり、音声データそのものではなく約30分の1に圧縮された特徴データを送信するので、クライアントには約20MIPSの負荷しか要求しないという。また、特徴データはサイズが小さいことから、8kbps程度の通信速度でもほぼリアルタイムに認識できる。

 音声認識用の言語モデルと辞書はサーバ側に持たせるため、「メンテナンスが容易で、5万語以上という非常に大きな辞書と言語モデルを複数動作させるアプリケーションも作れる」(同社)。

 現時点で対応している携帯電話は、NTTドコモのFOMA「M1000」とボーダフォン「702NK」のみ。同社では、対応機種を順次拡充するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]