トリップワイヤがハッシュ値によるファイル更新検知ソフトの新版を出荷

日川佳三(編集部) 2005年07月20日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリップワイヤ・ジャパンは8月17日、サーバ機のファイル更新を検知することでセキュリティを高めるソフトの新版「Tripwire for Servers 4.6日本語版」と「Tripwire Manager 4.6日本語版」を出荷する。受注開始は8月5日。開発会社は米Tripwire。価格は、ファイル更新の検知対象となるサーバに導入するTripwire for Serversが20万7900円(税込)、集中管理ソフトのTripwire Managerが194万2500円(税込)。

 Tripwireは、ファイルを一方向ハッシュ関数にかけることで得られるハッシュ値を利用して、ファイル内容に更新があったかどうかを調べるソフトである。どのファイルをどのスケジュールで調べるのかをポリシーとして定義し、集中管理ソフトのGUI画面から一括運用できる。他社製の運用管理ソフトと組み合わせることで、例えば運用管理ソフトがサーバ機のSNMPトラップをトリガーにTripwireをコマンド起動して、Tripwireからサーバ機のファイルの更新情報を得るといった運用が可能になる。

 新版の4.6では、Tripwire for Serversの稼動OSを増やしたほか、Tripwire Managerの操作性を向上させた。監視対象となるTripwire for Serversの稼動OSは以下の通り。HP-UX 11.0以降、AIX 4.3.3以降、Redhat 7.2以降、Redhat Enterprise Linux 3以降、Turbo Linux 8以降、SPARC版Solaris 2.6以降、Windows NT 4.0以降。今回新たに追加したOSは、Itanium 2版のHP-UX 11i、AIX 5.3、Redhat Enterprise Linux 4、SPARC版Solaris 10の4種類である。Tripwire Managerの稼動OSはSPARC版Solaris 7以降またはWindows NT 4.0以降。

 ファイルのハッシュ値を取るというTripwireのコア機能はシンプルであり、システム運用管理にとって重要である。シンプルであるためにTripwireの応用例は広いが、トリップワイヤ・ジャパンによれば、実際のユーザー事例の現場でも、適用用途が広がっている。「2000年頃はウェブサイトの改ざんを検知するという特定の用途で導入するケースが多かったが、現在では企業内の業務アプリケーション・サーバなど重要なITインフラのデータ保全性を確保するために導入するケースが多い」(トリップワイヤ・ジャパン社長の北原真之氏)。

 トリップワイヤ・ジャパンはまた、「多くの企業は(ファイアウォールや侵入検知システムなど)予防中心のセキュリティ運用は万全だが、改ざんなどのファイル更新が起こった際にどう対処すればいいかという問題を軽視している。予防と事後対策のバランスを取る必要がある」と警笛を鳴らす。

 同社製品の国内販売代理店は全6社で以下の通り。E3ネットワークス、京セラコミュニケーションシステム、新日鉄ソリューションズ、東芝情報システム、日本ビジネスコンピューター、ネットイットワークス。

Tripwire Manager

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化