編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日本オラクル、.NET環境向けのDB開発ツールを無償提供

ニューズフロント

2005-08-01 16:03

 日本オラクルは、「Microsoft .NET」環境向けのデータベース開発ツール「Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET」の無償提供を8月2日に開始する。

 この開発ツールは、マイクロソフトの開発環境である「Visual Studio .NET 2003」のプラグインであり、「Oracle Database 10g」の開発を可能にする。Oracle Database 10gとVisual Studio .NET 2003の開発環境の統合が可能となり、Windowsにおける開発生産性が向上する。

 Visual Studio .NET 2003の画面内で「Oracleエクスプローラ」を動かし、Oracle Database 10gに接続してデータベース内のオブジェクトをツリー形式で表示する。画面上でオブジェクトを選んで操作するといった作業が行える。ウィザードでオブジェクトを作成し、デザイナーで編集することも可能。

 データベース内のオブジェクトをドラッグ&ドロップすると、VB.NETやC#のコードを自動的に生成する。PL/SQLコードの編集とコンパイルは、Visual Studio .NET 2003に統合されたエディタで実行する。Oracle Database 10gに格納されているデータの表示や編集、Oracle Database 10gに対するSQL実行も、Visual Studio .NET 2003の画面から行える。

 Oracle Developer Tools for Visual Studio .NETは、技術者向けコミュニティサイトOracle Technology Network Japanで無償ダウンロード提供する。

日本オラクル

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]