AMD、チップを最大34.5%値下げ

Michael Kanellos (CNET News.com) 2005年08月02日 14時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)は米国時間1日、新学期シーズンに向けた需要に備え、幅広いプロセッサ製品の値下げを行った。

 今回の値下げの対象となった製品には、サーバ用「Opteron」、ノートPC用「Turion」と「Sempron」、シングルおよびデュアルコア版「Athlon」、そして、低価格「Sempron」の製品ラインが含まれる。値下げ率は、Athlon 64 X2の10%(1001ドルから902ドルへの値下げ)から、Opteron 152の34.5%(637ドルから417ドルへの値下げ)までに渡る。Athlon 64 400+の価格は482ドルから375ドルまで下がり、Turion 64 ML-40の価格は525ドルから354ドルまで下がっている。

 新しい価格は、AMDのウェブサイトに掲載されている。

 またIntelは同日、モバイル用プロセッサ等を値下げした。

 ライバル企業同士である両社は、これまで多くの場合、同じ日に値下げを実施してきた。数年前まで、AMDにとって価格設定は簡単な作業だった。AMDの元社員らによれば、同社では、Intelの新しい価格表を入手して、そこに書かれた価格から25%割引いた価格を自社製品に付けるだけでよかったという。

 しかし製品ラインの複雑化に伴い、価格変更は、どちらの企業にとっても、難しい作業となっている。例えば6年前、AMDでは数種類のチップしか積極的に販売していなかった。ところが現行の価格表には、93種類の異なるチップが掲載されている。Intelでも同様に、モデル数が爆発的に増大している。

 またAMDでは第2四半期におけるサーバ用チップの市場シェアが11.2%を記録した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算