編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

日本SGI、64ビットLinux環境のテスティングラボを開設、OSS開発促進へ

WebBCN (BCN)

2005-08-03 10:46

 日本SGI(和泉法夫社長)は、OSS(オープンソース・ソフトウェア)開発コミュニティへ開発リソースを提供するとともに、Linuxアプリケーション開発の促進やビジネス・ソリューションを評価する設備として、「日本SGIエンタープライズLinuxテスティングラボ」を横浜市に開設した。なお、開設にあたっては、NTTコムウェアが技術協力している。

 今回の「テスティングラボ」開設は、同社が04年12月に設立した「エンタープライズLinuxソリューションセンター」の具体的な活動の1つで、同センターの下の設備として日本SGIの64ビットLinuxサーバーなどを設置、OSS開発コミュニティなどへ広く開放する。

 現在、多くのOSSコミュニティは、64ビット環境でのアプリケーション開発や検証をまだ本格的に行っていない。このため、「テスティングラボ」は今後、OSSがエンタープライズ分野で活用されるための有益な施設になるとみている。同ラボでは、とくにデータベースの「PostgreSQL」や「MySQL」などの主要OSSを始め、管理ツール、J2EEアプリケーションをOSSプロジェクトへリソースを提供する予定。

日本SGI

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]