編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

日本SGI、Altixシリーズにエントリーモデル「SGI Altix 330」を追加

エースラッシュ

2005-08-03 18:46

 日本SGIは8月3日、Intel Itanium2プロセッサを搭載し64ビットLinuxに対応した「SGI Altix」シリーズのエントリーマシンとして「SGI Altix 330」を追加すると発表した。

 「SGI Altix 330」はAltixシリーズの第3弾となる。エントリー分野をカバーする製品が追加されたことで、エントリーからハイエンドまでをカバーするファミリー製品群として、ユーザーが要求に合わせて選定することができるようになった。

 新製品はエントリーモデルでありながら、同社のスーパーコンピュータと同一のAltixシステムのアーキテクチャを採用しており、柔軟性と単一の共有メモリシステムで最大16CPUまでの拡張性を持っている。ギガビット・イーサネットやInfinibandなどのインターコネクトを利用してクラスタ化し、数百CPU規模のシステムにも拡張可能だという。筐体は1Uサイズであるため、効率的な設置を行うこともできる。

 価格はIntel Itanium2プロセッサ2CPUと2GBのメモリ、160GBのシステムディスク、SUSE Linuxライセンスという最小構成で191万5000円から。同時にワークグループ向けストレージ「SGI InfiniteStorage S330」も発売されており、こちらは2.8TBのディスク容量と256MBキャッシュ、管理ソフトウェアライセンスという最小構成で、284万円からとなっている。

SGI Altix 330

SGI InfiniteStorage S330

日本SGI

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]