編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

日本ユニシスなど、ユビキタスプラットフォームサービスの実証実験を開始

エースラッシュ

2005-08-08 18:40

 日本ユニシス、アッカ・ネットワークス(以下、アッカ)、日本BEAシステムズ(以下、日本BEA)の3社は8月8日、共同で「ユビキタスプラットフォームサービス」の検証を8月10日から開始すると発表した。

「ユビキタスプラットフォームサービス」は、アッカのADSLネットワーク「ACCA Solution Platform」、日本ユニシスの「Information Wharf」を核に各種要件対応の共通機能を実装する「基盤システム」、「基盤システム」の機能と日本BEAのシステム基盤「BEA WebLogic Platform」によりRFIDタグなどのデバイスからデータを活用可能な「ネットワークアプリケーションシステム」で構成されている。今回は「ネットワークアプリケーションシステム」の第1弾として、「RFIDタグを用いたオフィス用アプリケーションサービス」についての適用モデルの検討が行われる。

 実際の検証内容は、RFIDタグによる入退室管理や監視カメラなどを利用したセキュリティーの実現の可能性、個人IDデータと監視システム/IP電話/グループウェアなどオフィスに必要なアプリケーションを連携した高付加価値なオフィス用アプリケーションサービス提供の可能性だ。さらに、3社では「BEA WebLogic Platform」上で動作する「BEA RFIDアクセラレータキット」を活用することで、RFIDデータを利用し配送工程を可視化する「ネットワークアプリケーションシステム」の検証も計画している。

 今後、本実証実験を終了後の2006年4月から日本ユニシスと日本BEAは商用システムの開発と技術サポートを担当、アッカは提供元として商用サービスを本格展開する予定。さらに3社共通で、実験サービスのマーケティング活動と販売活動の実施を行う。目標としては、さまざまな業界を対象に3年間で30社へのサービス提供を目指すという。

日本ユニシス

アッカ・ネットワークス

日本BEAシステムズ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]