編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

JBCC、短期間に導入可能でルートセールスの特性にも適合したSFAソフト

WebBCN (BCN)

2005-08-09 11:11

 日本ビジネスコンピューター(JBCC、石黒和義社長)は、取引先企業や日報などの情報共有を主眼としたSFA(営業支援システム)ソフトウェア「CustomerVision/情報共有日報」を発売した。価格は50ユーザーで70万円から。

 日報の入力では、ルートセールスの特性を考慮し、3件ずつの一括簡易入力を可能とした。また、項目名の変更などのカスタマイズは基本的に不要で、短期間に導入できる特徴がある。これらの機能によって、顧客基本データや活動区分、進捗状況、活動内容など営業活動に関する情報を一元管理し共有化することで、マネージャーや経営陣が現場へ的確に指示を出せるようにする。

日本ビジネスコンピューター

「CustomerVision/情報共有日報」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]