ECジャパン、ネットショップの購買率やマーケティングROIが測定できるツール

藤本京子(編集部) 2005年08月10日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ECジャパンは8月10日、ネットショップなどを運営する企業に向けて、サイトを訪問した顧客の行動履歴と売上データを基に、商品の購買率やマーケティング費用の投資対効果などが測定できる総合管理システム「コンバージョン マネジャー」を発表した。

 ECジャパンは、SEOを中心としたネットマーケティングのコンサルティングやソフトウェアの開発および販売を手がけている。近年ネットマーケティングの手法が多様化し、マーケティングコストが増加しつつあることから、マーケティング施策とその効果の分析を総合的に管理できるツールが不可欠だとして、コンバージョン マネジャーの開発に至った。

 コンバージョン マネジャーでは、ネットショップを訪問した顧客のアクセスログを、受注データや商品データベースと結びつけ、どの顧客がどのサイトから訪れて何を購入したか追跡し、費用対効果などを詳細に分析できる。主な機能としては、レポート機能と広告管理機能がある。

 レポート機能は、アクセスサマリーや日別レポートなどのほか、検索キーワードごとの購入者数や購入率、広告依存率などがわかるレポートや商品別売上レポートが表示できる。また、検索エンジンやウェブ上の広告、メールマガジンといったメディア別に、訪問者数や購入者数、購入率、広告費用、売上、顧客獲得単価などが表示できるメディア別レポートも用意している(画面1)。

画面1:レポート機能として、メディア別の購入率や売上も表示される

 広告管理機能では、バナー広告やキーワード広告、アフィリエイト、SEO対策などのマーケティング施策別に効果測定ができる。広告の掲載期間に対してかかる固定費用や、クリック単位の費用、売上に対する成果報酬など、マーケティングの費用対効果がわかりやすく表示される(画面2)。

画面2:広告管理機能では、広告にかかった費用とそれに対する売上がまとめて表示される

 コンバージョン マネジャーの価格は、2CPUまでのサーバ単位のライセンスが880万円となっている。また、顧客の要望に応じてオプションで導入コンサルティングも提供する。大手システムインテグレータや広告代理店などのパートナーを通じて販売し、今後3年間で300ライセンスの販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算