デル、InfiniBand対応エントリHPCCパッケージ製品2モデルの販売を開始

ニューズフロント

2005-08-23 17:39

 デルは8月23日、高性能コンピューティングクラスタ(HPCC)システムと導入サービスなどを組み合わせたパッケージ製品「HPCC InfiniBandパッケージ」2モデルの販売を開始した。サーバ間の接続には、InfiniBandを採用している。税込み価格は383万2500円から。

 両モデルは、典型的なHPCCモデルシステム2種類を、InfiniBand対応エントリシステムとしてパッケージ化したもの。InfiniBand接続HPCC環境の構築に必要なハード、管理ツール、導入サービスを一括提供する。「新規導入や移行を促進するため、パッケージに含まれるハードの合計価格に対し、約4割引きとなる特別価格を設定した」(同社)

 InfiniBandは、次世代I/O技術の標準化を推進する業界団体InfiniBand Trade Association(IBTA)が定めたインターフェース規格。最大で60Gbpsの帯域幅を持つ。「アーキテクチャそのものが実現する低遅延性と、ホストCPUのオーバーヘッドを最小限に抑える仕組みから、特に高速な相互接続が求められるHPCC分野で、近年、普及が進んでいる」(同社)という。

 両モデルの概要は以下のとおり。

PowerEdge SC1425×8ノード(16CPU)モデル

  • ターゲット:InfiniBand環境における既存アプリケーションの稼働検証やテスト導入など
  • ノード構成:計算ノード×8(16CPU)、管理ノード×1
  • ネットワーク:ギガビットイーサネットスイッチ(PowerConnect 2716)×1
  • 税込み価格:383万2500円
  • その他:導入・設定サービスはオプション

PowerEdge 1850×16ノード(32CPU)モデル

  • ターゲット:小規模InfiniBand環境の本格導入や、大規模導入前のパフォーマンス検証など
  • ノード構成:計算ノード×16(32CPU)、管理ノード×1
  • ネットワーク:ギガビットイーサネットスイッチ(PowerConnect 2724)×1
  • 税込み価格:1148万7000円

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]