編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

サイボウズ子会社、MVNOをターゲットにした課金業務受託サービスを9月に開始

ニューズフロント

2005-08-24 14:39

 サイボウズの子会社で通信サービスを手がけるインフォニックスは、仮想移動体サービス事業への参入を図る事業者向けとして、独自の課金エンジンを持つアウトソーシングサービス「MVNEサービス」の提供を9月1日に開始する。サイボウズが8月24日に明らかにしたもの。

 仮想移動体サービス事業者(MVNO)向けのサービスを提供するプロバイダは、Mobile Virtual Network Enabler(MVNE)と呼ばれ、欧米ではすでに確立された事業形態。インフォニックスは、国内初のMVNEとなる。サイボウズも、法人向けソフトと移動体サービスをパッケージ化したMVNO事業への展開を検討する。

 MVNEサービスでは、課金計算を業務受託するほか、オプションとして顧客情報やオーダー管理、請求書の発行、決済、債権管理、顧客対応なども行う。

 「同サービスを利用すると、MVNO事業に迅速かつ低リスクで参入でき、本来最も重要なマーケティング面に専念することが可能となる。また、独自の課金施策を迅速かつ柔軟に実行できるため、競合企業に対し優位に立てる」(サイボウズ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]