編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

オラクルがグループウェア新版を9月21日出荷、2クリックで導入が完了

日川佳三(編集部)

2005-08-30 17:12

 日本オラクルは9月21日、インストール作業と初期設定作業の簡略化に注力したグループウェアの新版「Oracle Collaboration Suite 10g」を出荷する。価格は従来版からの据え置きで、1ユーザー7500円(税抜)。最小購入数は100ユーザー分である。売上目標は初年度5億円、来年度15億円。

 Collaboration Suiteは、データベース管理システム(DBサーバ)であるDatabaseとアプリケーション・サーバ(APサーバ)であるApplication Server上に構築したグループウェア業務アプリケーションである。ファイル共有機能、電子会議機能、電子メール機能、スケジュール管理機能、IM(インスタント・メッセージング)機能など、グループウェアとしての基本機能を備える。

 新版では、インストールと初期設定を単純化した。従来は、データベースの設定やアプリケーション・サーバの設定など専門性の高い作業が必要だった。新版では「マウスを2回クリックするだけでインストールと初期設定が完了する」(日本オラクル)。サーバ機さえあれば簡単に導入できる。一方、APIを公開しているため、既存アプリケーションとの連携や新規アプリケーションの作り込みも可能である。

 Collaboration Suiteの特徴は、ファイル共有サーバやメール格納サーバなど、本来はOSのファイル・システムを利用したファイル・アクセス・ベースの業務アプリケーションのデータを、すべてDBサーバで管理する点である。DBサーバにデータを格納することで、データの信頼性や可搬性などが高まる。DBサーバを利用しつつ、例えばメール格納サーバは、格納したメールに対してPOP3やIMAP4など標準プロトコルを利用してアクセスできる(もちろんSMTP中継も可能である)。

 ファイル共有機能は米Oracleのファイル管理機能であり、OSのファイル・システムとは異なる。専用のクライアント・アプリケーションやHTTP/FTPプロトコル、Internet Explorer上で稼動するファイラ画面から利用する。ファイル共有機能を用いると、フォルダやファイルに、アクセス制御のルールやバージョン管理機能の付与など、各種の属性を付けられる。バージョン管理機能は、同一ファイル名で保存すると自動的に最新版として登録するなど、チェックイン/チェックアウトをできるだけ意識させない動作で運用可能である。

 稼動環境は以下の通り。SPARC版Solaris、Windows、Linux、HP-UX、AIX。なお、2005年内には次期バージョンを出荷する。次期版では、ファイル共有機能の新版である「Oracle Content Services」を添付する。

Oracle Collaboration Suite 10gのファイル共有画面

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]