編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シマンテック、セキュリティアプライアンス「Gateway Security 5600 Series」を発表へ

Joris Evers(CNET News.com)

2005-08-30 19:16

 Symantecは米国時間31日にも、ファイアウォールアプライアンス「Gateway Security 5600 Series」の出荷を開始する。この製品は同社が2003年9月にリリースした同5400 Seriesのアップグレード版であり、単一のデバイス上にアンチスパム、アンチウイルス、ファイアウォール、侵入検知、侵入防止、クライアントレスSSL-VPN、IPSec-VPNの7つのセキュリティ機能を搭載した。SSL(Secure Sockets Layer)技術を利用するクライアントレスSSL-VPN(仮想プライベートネットワーク)は今回初めて加わる機能だ。その他の機能は既存の機能のアップデートとなる。

 Symantecによると、5600 Seriesでは新しいハードウェアが採用され、パフォーマンスと信頼性の向上が図られているという。すべての機能があらかじめインストールされた状態で出荷されるため、顧客はライセンスキーを入力するだけで利用できる。前バージョンでは、顧客がファイアウォールとVPNのライセンスを購入する必要があったが、最新製品ではユーザーは利用したい機能を自由に選択できる。5600 Seriesは、5620、5640、5660の3つのラインナップで提供される(数字が大きいほど機能は高度になる)。価格は、利用する機能やユーザー数、選択したハードウェアにより異なる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]