ERICSSON、IP-PBXサーバ「MX-ONE」シリーズの最新型を発売開始

エースラッシュ

2005-09-02 21:15

 スウェーデンのERICSSONは、企業向けのフル装備IP-PBXサーバ「MX-ONE」シリーズの最新型となるスタンドアローン・モデルの発売を開始した。

 最新型は、1台で最大7000人規模のIPネットワークに対応でき、電話機能に加えて、インスタント・メッセージ(IM)や企業ディレクトリ、不在情報の管理までを含めた機能を提供する。アナログ、デジタル、モバイル、IP電話を利用できるため、固定電話と移動体電話、音声通信とデータ通信の融合による恩恵が受けられるという。

 メッセージ用アプリケーションは、ボイスメールやFAX、電子メールなど全てをユーザーごとに集約して蓄積する。テキスト音声変換機能もあるため、外出先から携帯電話や公衆電話を利用して、メッセージを管理できる。

 また、ディレクトリ・ベース管理システム「MX-ONEマネージャ」はネットワーク状況、ユーザーを集中して管理する。これにより、障害管理・性能管理が簡単になり、音声通信とデータ通信が融合したことで増加しがちな管理コストを削減できるとしている。

 同社のIPベースの通信プラットフォームの機能一式は、今回のリリースで完結したことになる。これに伴って同社はMX-ONEの導入を多数の市場に大幅に拡大したいとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]