編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アライドテレシス、PoE対応のレイヤー3スイッチ2機種の出荷を開始

エースラッシュ

2005-09-05 20:10

 アライドテレシスは9月5日、24ポートのレイヤー3スイッチ2機種、ファストイーサネットの「CentreCOM 8624PS」とギガビットイーサネットの「CentreCOM 9924T/4SP」を出荷すると発表した。

 CentreCOM 8624PSは、100BASE-TX/10BASE-Tを24ポートと拡張用スロットを2個装備するレイヤー3スイッチだ。全ポートIEEE 802.3af準拠のPoE給電機能に対応し、PoE受電機能を装備した無線LANのアクセスポイントやIP電話などの機器にLANケーブルを通じて電源を供給する。GBICの拡張スロットを持ち、ギガビットイーサネット(1000BASE-T/SX/LX、1000MシングルモードLH)のアップリンク接続が可能だ。

 CentreCOM 9924T/4SPは、10/100/1000BASE-Tを24ポートとSFPスロットを4個(10/100/1000BASE-Tポートとのコンボ)装備する、レイヤー3スイッチだ。48Gbpsのスイッチ・ファブリックを実装し、ワイヤースピードのレイヤー3スイッチングを実現するという。別売のアクセラレーターボードや拡張メモリを装着することで、IPv6のハードウェアルーティングも可能になる。また、本体に電源ユニットを2個まで装着できる。

 価格はCentreCOM 8624PSが32万6000円(税抜き)で9月9日出荷、CentreCOM 9924T/4SPが90万円(税抜き)で9月12日に出荷する。なお、CentreCOM 8624PSは12月31日まで、キャンペーン価格19万8000円(税抜き)で出荷する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]