DNP、ネットワーク経由で個人情報を安全に授受する新サービスを開始

WebBCN (BCN) 2005年09月06日 11時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、個人情報の授受をネットワーク経由 で安全に行う新サービス「ジャンダルム」の運用を10月から開始する。利用料 は、1ユーザー当たり月額5万円程度の予定。06年度中に300ユーザーの獲得を 目指す。

 顧客・同社間の個人情報授受は、同社のインターネットデータセンターに設 置した専用サーバーを経由して行う。顧客のPCと専用サーバー間の通信はSSL によって暗号化し、伝送過程での盗聴などへの対策を講じる。また、専用サー バー上では、次世代標準暗号方式「AES」によって個人情報を暗号化して保存 する。

 専用サーバーに保存された個人情報は、DNP製造部門のセキュリティエリア に設置されたPCを利用し、営業部門や輸送部門などを介さず、直接受領する。 DNP製造部門のPCと専用サーバーは専用回線による社内通信網で接続、通信もS SLによって暗号化。また、アクセス制御によって、社外や社内の他部門からの アクセスを防止する。さらに、個人情報授受の履歴管理も行うため、万が一情 報漏えい事件が発生した場合でも追跡調査できる。

 情報の送受信を行うPCには、ICカードを利用した同社オリジナルのデスクト ップセキュリティソフト「TranC' ert」を搭載し、通常のID、パスワードの組 み合わせに加え、ICカード内に保管された電子証明書を利用して、ユーザー認 証と専用サーバー上のデータ授受領域のアクセス制限を行う。

 同社では、当面はダイレクトメールの宛名、キャンペーンへの応募者情報、 カードの追加発行データなど、中小規模の個人情報の入稿を中心にサービスを 提供。その後、新車カタログなど機密性の高い印刷原稿データの入稿向けのサー ビスも検討していく。

 なお、同サービスは、第三者機関によって外部からの攻撃に対する脆弱性が ないことが証明されている。サービス開始後も、定期的に脆弱性検査を行う計 画。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算