編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

オラクル、アプリケーションサーバをオープンに

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-09-20 12:07

 Oracleは、サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld」カンファレンスで、来年5月までに完成予定の「Oracle Application Server 10gリリース3」の強化点に関する詳細を明らかにした。

 また、OracleはIBMと提携し、IBMがWebSphereブランドで出している大部分のミドルウェア上でOracleの各種アプリケーションがネイティブで動作するようにしていくことを発表した。対象となるIBMのミドルウェアには、同社のアプリケーションサーバ、ポータル、そして先ごろ発表された「Process Server」などが含まれる。

 「われわれは、IBMとOracleの共同プロジェクトを、現在社内で進めている顧客に重点を置いたプロジェクトのなかでも最も重要なものと見なしている」と、Oracle社長のCharles Phillipsは声明のなかで述べている。

 Oracleのアプリケーションサーバは、JavaとWebサービスの両プログラムを動かすバックエンドソフトウェアで、同社の「Fusion Middleware」の中心となる製品だ。Oracleはいずれ、さまざまなパッケージアプリケーション製品をとりまとめるインフラソフトウェアとして、Fusion Middlewareを使おうとしている。

 Oracle Application Server 10gリリース3は、「Apache Spring」や「Hibernate」などのオープンソースの「開発フレームワーク」を含む各種のサードパーティー製品と円滑に連動するように設計されると、Oracle Fusion Middleware担当バイスプレジデントのRick Shultzは説明した。

 Shultzによると、WebSphereソフトウェアなどの市販製品や、MQメッセージングソフトウェアおよびシステム管理製品などとの連係機能もこのなかに組み込まれるという。

 このアップデートにより、同ソフトウェアは最新のWebサービス仕様に対応できるようになる。Schultzによると、これらの変更には、Oracleのインフラソフトウェアをサービス指向アーキテクチャ(SOA)と呼ばれるモジュラーシステム構築の際の魅力的な選択肢にする狙いがあったという。

 Oracleは開発者向けに、自社の開発ツールに改良を加え、サーバサイドJavaの開発を簡略化するとともにRESTスタイルのプログラミングをサポートする計画を進めている。RESTとは、WebサービスプロトコルではなくXMLやHTTPを利用するプログラミングを指す。

 Oracle Application Sever 10gリリース3には、いわゆるルールエンジンが搭載される。これにより、企業はJavaのコードを書くのではなく、ビジネスルールの設定によってアプリケーションを変更できるようになると、Schultzは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]