HP、法人向けコンピューティングサービスでオラクルと提携

Stephen Shankland (CNET News.com) 2005年09月21日 18時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Hewlett-Packard(HP)のCEO、Mark Hurdは米国時間20日、Oracleと自社の製品を相互に連携させる取り組みを発表した。同氏によると、OracleとHPの両社は、処理要求の変化に応じて必要なシステムと自動的に結合する能力をもつコンピューティングインフラを介して、双方の製品を連携させる計画だという。

 両社は「Optimize for Agility」という取り組みの下、双方の管理ソフトウェア同士がイベントや機器のステータスに関する情報を交換できるようにする。この取り組みが実現すれば、システム管理者はこれまでより容易に、システムトラブルを検知できるようになる。もっとも、この取り組みの最終的な目標は、両社が顧客に対して保証しているタスク処理ごとの品質レベルを維持しやすくすることだ。

米Hewlett-Packard(HP)のCEO、Mark Hurd氏

 Hurdは基調講演のなかで、「企業は、ユーザー生産性に影響を出すことなく、サーバからストレージ機器、ネットワークキャパシティに至るまでの様々なリソースを識別したり、これらのリソースを必要なタスクに配分/再配分したりできるようになる」と述べた。

 この取り組みの目玉は、管理ソフトウェアの「HP OpenView」が、「Oracle 10g」データベース、「Oralce Enterprise Manager」ソフトウェアと連携するようになることである。両社はこの取り組みを当地で開催中の「Oracle OpenWorld 2005」カンファレンスで発表した。

 両社の提携は複数の意味で理にかなっている。Hurdは、その理由として、両社には共通の顧客が8万8000社以上いることや、HPのミッドレンジUnixサーバを利用する顧客の70%以上がOracle製品も利用していること、HPのハイエンドUnixサーバ「Superdome」を導入している顧客の90%がOracle製品も利用していることを挙げた。また、同様の取り組みを進めるIBMが、データベースとサーバの両技術を保有していることも、HPとOracleが結束する理由である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算