編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

IBM、ダッシュボード製品を発表へ--企業戦略の把握を可能にする「WebSphere Portal」アドオン

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-09-28 17:22

 IBMは、企業の最高経営責任者(CEO)から末端の社員まで、すべてが自社の企業戦略を把握できるソフトウェアを開発している。

 IBMは「WebSphere Portal」のアドオンとなる同ソフトウェアを、いわゆる「コーポレートダッシュボード」製品として10月に発表する予定だ。IBM幹部によると、この製品によって各社員は個々の目標達成状況を把握できるようになるという。

 「WebSphere Portal for Business Strategy Execution」というこのソフトウェアは、売上目標を達成するなどの企業が実施する大きな取組みを、各社員に関連する形で視覚化してくれるツールだ。

 ダッシュボードは、目標達成に向けた進捗状況を社員にいち早く伝えるように開発されている。例えば、画面に赤い下向き矢印が表示されると、カスタマーサービスに対する苦情が増えていることがわかる。

 IBM Workplace製品マネジャーJeremy Diesによると、企業のIT管理者は、個々の営業担当者や管理職が目標達成に関する最新情報を把握できるように各バックエンドシステムと接続を設定できるという。

 Microsoftは今年に入って、「Maestro」という開発コード名を持つ新製品について詳しく説明したが、これを利用するとエンドユーザーはOfficeアプリケーションから営業報告書にアクセスできるようになる。

 ビジネスインテリジェンスツールを提供するCognosやHyperionのようなデータ分析企業も、それぞれの報告分析パッケージにダッシュボード製品を追加している。

 IBMは、企業内でこのようなビジネスインテリジェンスツールを採用する人が少ないため、IBMのダッシュボード製品とは競合しないと述べた。Diesによると、IBMのポータルベースのダッシュボードツールは、長時間にわたる研修を行わなくとも利用できるという。

 また、IBMのWebSphere Portal for Business Strategy Executionは、特にバランス・スコアカードのような業績評価手法と連動して動作するように開発されている。これらの評価手法は、トラッキングすべき業務や評価方法をどのように分類するかについてのガイドラインを提供するものだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]