編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

イーズ、分散データアクセスソフトの新版を販売開始--Excel、Accessと連携可能

田中好伸(編集部)

2005-10-05 18:29

 イーズ・コミュニケーションズは10月5日、アクセス管理機能を備えた分散データアクセス・ソフトウェア「InfoUnity MONO 1.2」の新版の販売を開始した。InfoUnityは分散する異なる種類のデータベースへのアクセスを仮想的に実現する。

 最新版となる「InfoUnity MONO 1.2」では管理ツール「InfoUnity Manager」のリモート化に対応している。旧版ではローカルにある仮想のデータベース・サーバとして動作する「InfoUnity Server」のみを管理する仕様だった。新版では、別のマシン上で動作するInfoUnity Serverの管理が可能となり、システム管理者の運用管理の手間が低減されている。

 また、接続元データソースのカラムに設定されたキー属性を認識できるようになり、「Microsoft Access」のリンクテーブルを使用してInfoUnity MONO上でレコードの更新が可能となった。そのほか、「Microsoft Excel」から「InfoUnity MONO」に直接接続してデータを利用できるExcelアドイン「InfoUnity Viewer for Excel」もオプションで提供される。

 価格は、クライアントライセンス不要の「プロセッサライセンス」が1CPUあたり税別で200万円、小・中規模導入に最適な「サーバーライセンス」が1サーバ(10クライアントライセンス付き)あたり税別で98万円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]