編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マクロメディア、EclipseベースのFlash開発ツール「Flex Builder 2」を発表

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-10-07 13:29

 Macromediaは今月、「Flash」オーサリングソフトと「Eclipse」オープンソース開発ツールを連携させるツールの初期版をリリースする予定だ。

 Macromediaの同ツールは、以前は「Zorn」という開発コードで呼ばれていたもので、正式には「Flex Builder 2」と称される。プログラマはこれを利用して、人気の高いオープンソース製品EclipseによってFlashアプリケーションを開発できる。同社はこれまで、独自の開発ツールしか提供していなかった。

 MacromediaのチーフソフトウェアアーキテクトKevin Lynchは、開発者がMacromedia独特のツールの機能に熟知していなくてもよくなることから、今回の方針転換は非常に意義が大きいと述べている。

 Lynchは、「当社は非常に大きな変更を行った。あらゆる開発者がリッチなインターネットアプリケーションを記述し、Flash Playerを視野に入れられるようになるのだ。これによって、より多くの開発者がFlashを利用してくれるようになるだろう」と話した。Lynchはまた、今日Flashを利用しているユーザーは200万人に上っており、Macromediaではこれを300万人まで増加させたいと考えていると述べた。

 Lynchは、シアトルで開催中の「Web 2.0 Conference」において、米国時間6日にFlex Builder 2のアルファ版をデモンストレーションする予定だ。

 同アルファ版は10月17日からダウンロード可能になり、Flex Builder 2の正式版のリリースは2006年後半が予定されているという。

 また10月17日には、Macromediaの「Flash Player」次期製品であるバージョン8.5のアルファ版も発表される。Flash Playerの次期版は、Active Scriptで最新のECMA標準をサポートしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]