編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

オリーブ情報処理サービス、PDFに自動でセキュリティ設定する「PDF-Security Server」を発売

エースラッシュ

2005-10-07 23:01

 システム開発のオリーブ情報処理サービスは10月7日、サーバ上でPDFファイルにパスワードやセキュリティを自動設定する「PDF-Security Server」を販売すると発表した。

 PDFにパスワードやセキュリティ属性を設定する場合、通常はファイル単位で個別に処理する必要がある。しかしPDF-Security Serverを利用すれば、セキュリティの再設定からメール配信までを自動で実行できるため、セキュリティと業務効率の向上が図れる。

 ハードディスクの任意のフォルダを監視し、ドラッグ&ドロップで当該フォルダに複製されたファイル名と合致したPDFファイルのみに適用することが可能だ。複数のフォルダを設定することが可能なため、取引先ごと、従業員ごとに設定を変更できる。

 販売は11月1日からの予定で、価格は基本ライセンスで税別30万円からとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]