編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

IBM、SMB市場向け「Express Portfolio」の製品ラインを大幅に拡充

Dawn Kawamoto(CNET News.com)

2005-10-11 19:45

 IBMは、「Express Portfolio」として提供する中小企業向け製品およびサービスを20種類以上発表した。

 IBMは、Express Portfolioで扱う製品およびサービスを22種類発表した。今回の発表は、3年目を迎えたExpress Portfolio製品ラインとしては、最大規模のものである。IBMでは、中小企業(SMB)向けビジネスの市場規模が3600億ドルにものぼると推測しており、同市場には投資する価値があると考えている。

 「何十万という顧客がいるSMB市場の規模は、高い成長率で推移している。また同市場には特別なニーズが存在する」と、IBMで中小企業部門を担当するElaine Caseは述べる。

 IBMがExpress Portfolioとして新たに提供するのは、小売業者向けのRFID(無線ICタグ)マネージドサービス、医療関連企業向けの医療画像用ストレージのほか、オンラインバックアップや電子メールリカバリなどの製品やサービスだ。

 「RFIDマネージドサービスは従来、大企業顧客向けに提供されてきたが、このたび、SMB顧客でも利用可能になった。SMB顧客も、バーコードをRFIDに置き換えることができる」と、Caseは述べる。

 IBM Express RFID Servicesパッケージは、3年契約の下、月額830ドルで提供される。

 今回新たに発表される製品の約70%は、マネージドサービスとして提供される。これは、SMB顧客が多くの場合、マネージドサービス関連のハードウェアやソフトウェアを購入できない、または、運用したがらないからだとCaseは述べる。

 Express Portfolioでは現在、新製品22種類を含め、120種類以上の製品とサービスが提供されている。

 Express Portfolioで取り扱う製品やサービスは、特別に設けられた評価基準を満たすように開発されているとCaseは述べる。大規模企業顧客向けに開発されたIBMの製品やサービスの多くが、必要な条件を満たさず、SMB市場向けに改変することもできないものだったという。

 「IBMだけでなく業界全体が、SMB市場に対して十分な製品やサービスを提供していなかったことに気が付いた」と、Caseは述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]