「プログラムのセキュリティ欠陥は開発者個人の責任」:セキュリティ専門家の発言に波紋

Tom Espiner(Special to CNET News.com) 2005年10月13日 16時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホワイトハウスのサイバーセキュリティアドバイザーを務めたこともあるHoward Schmidtが、プログラムのセキュリティについて、それを記述したソフトウェア開発者本人に説明責任を負わせるべきだと発言した。

 現在はR&H Security ConsultingのCEOを務める同氏は、SecureLondon 2005カンファレンスにおいて現地時間10月11日、ソフトウェア開発者により充実したトレーニングを提供する必要があると指摘した。同氏は、多くの開発者が安全なコードを記述する上で必要なスキルを身につけていないと確信していると述べている。

 Schmidtは、「ソフトウェア開発者は、自身の記述したコードが安全であることを個人のレベルにおいて保証する必要がある」と述べた。また同氏は講演の中で、最近会ったという、SSLを利用してバックエンドのデータベースとデータ送受信を行うウェブアプリケーションを構築した開発者らを例に挙げた。

 同氏は「彼らは強力な認証の仕組みや、強固なパスワード、暗号化された通信路を用意していた。また、格納されるデータの暗号化を行っていた。しかし、そのデータが購買担当者のオフィスに送信される際には、ただのテキストファイルとして送信されていたことが発覚した。これではエンドツーエンドのソリューションとはいえない。開発者のもとに行き、『これでセキュリティは完璧なのか?』と問えるよう、個々の開発者に対してエンドツーエンドのソリューションに関する説明責任を求めることができるようにしなければならない」と述べている。

 同氏はまた、ソフトウェア開発者の64%が安全なアプリケーションを記述する自信を持てずにいるいう、Microsoftが先ごろ発表した調査結果にも言及した。Schmidtは、ソフトウェア開発者により優れたトレーニングを提供すべきだと主張する。

 「これまで、ほとんどの大学のコースはセキュリティではなく、使い勝手、拡張性、管理のしやすさに重きをおいてきた。今では、多くの大学が情報保障やセキュリティを重視するようになったが、ウェブアプリケーション開発は従来より、マウスのクリック回数、すなわち、いかにしてユーザーにクリックさせるかで評価されてきた」(Schmidt)

 Schmidtは、ソフトウェア開発企業も、従業員の採用時にセキュリティに関するスキルの有無をチェックする役割を果たすべきだという。

 英国コンピュータ学会(British Computer Society)は、ソフトウェア開発において説明責任が存在すべきであるという点には同意するものの、コードのセキュリティに対して責任を問われるのは、そのコードを記述した従業員ではなく企業であるべきだとしている。

 英国コンピュータ学会のセキュリティ担当の代表者はインタビューに応じ、「ソフトウェア開発者が自らの記述したコードのセキュリティに対して個人的な責任を負うべきだというHoward(Schmidt)の主張は極端だが、われわれはその方向性に対して概ね同じように考えている。多くの開発者が説明責任を問われるに対して、それが法的なものである場合は特に、抵抗感を抱くようだ。ソフトウェアのセキュリティ要件が厳密にテストされていることを保証するのは、企業側の果たすべき役割だ」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化