編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

米シトリックス、「iForum Global 2005」において2つの新技術を発表

山下竜大(編集部)

2005-10-18 18:40

 米Citrix Systemsは米国時間の10月10日、第8回目となるユーザーカンファレンス「iForum Global 2005」を開催。同社の社長兼CEO、Mark Templeton氏が、アクセスインフラストラクチャー市場においてさらなるシェアを獲得し、より一層の価値の提供により顧客の成長を牽引するためのビジネス戦略を発表した。

 具体的には、開発コードネーム「Constellation」と呼ばれる技術開発イニシアティブを発表。同プロジェクトは、開発コードネーム「Longhorn」と呼ばれるMicrosoftの次期Windows Serverに対応したアプリケーション仮想化技術を実現する。

 この技術によりCitrixの顧客は、さまざまなITサービスに対して、オンデマンドアクセスの配信、管理、サポートを実現することが可能になる。

 Templeton氏はまた、同カンファレンスにおいて「Project“Tarpon”」も発表した。同プロジェクトは、あらゆるアプリケーションに最良のアクセス体験を提供するCitrix Access Platformの新技術。デスクトップアプリケーションのインストールを無くし、デスクトップアプリケーションの配信を変革するものとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]