マイクロソフト、サーバベースの「Excel Services」などを明らかに

Ina Fried(CNET News.com) 2005年10月24日 17時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Office」の次期バージョンにおける重要な強化点の1つとして「ビジネスインテリジェンス」を挙げており、ユーザーが重要な企業データを簡単に利用できるようにしたいと考えている。同社は米国時間24日に、この分野における計画の一部を明らかにする予定だが、この計画のなかにはExcelの表計算シートを管理するための新しいサーバベースのシステムも含まれている。

 同社は「Office 12」で、中央サーバに表計算シートを保存し管理できる機能を追加する。この機能により、顧客企業ではさまざまな社員がどのデータを利用できるかに関するルールを規定できるようになる。Microsoftはこの新機能の売り方について、いまだにはっきりした方針を打ち出していないが、以前にこのサーバベース機能である「Excel Services」が、今後登場するSharePointの一部として出されると述べていた。

 現在、Microsoftには「SharePoint」の名称を使った製品が2つある。その1つは「Windows SharePoint Services」というものだが、これは「Windows Server 2003」用に無料でダウンロードできるアドオンで、ファイル共有とポータルに関する基本的な機能を提供する。また、それとは別に、同社は「SharePoint Portal Server 2003」というさまざまなサーバソフトウェアをパッケージ化した製品も販売している。なお、同社の関係者はExcel Servicesの提供方法に関してコメントを差し控えた。

 Microsoftは24日に、デスクトップで使用するExcelに追加される新しい機能も発表するが、このなかには強化されたデータ視覚化ツールや、SAPやOracle、Siebel Systemsなどから出ているバックエンドソフトウェアなどのサーバ用アプリケーションとの接続を維持するための機能もある。

 Microsoft幹部らは、これらの強化点について、すべてが自社のビジネスの状況を理解するのに必要とされるデータにアクセスできる従業員の数を増やすために設計されていると説明する。

 「いままでは、ビジネスインテリジェンス用ソフトウェアはあまりに複雑で、値段も高過ぎた。また、人々が仕事をこなすために毎日使うソフトウェアツールから切り離された存在だった」とMicrosoftのBusiness DivisionプレジデントJeff Raikesは声明のなかで述べている。

 同社はまた、Office 12でまったく新しいユーザーインターフェースを導入する準備も進めている。新しいOfficeのベータバージョンは11月に登場すると見られており、正式版の登場は2006年後半に予定されている。

 また同社は11月1日に、「Microsoft Office Business Scorecard Manager」も発売する。重要なビジネスデータの監視に使うこのサーバベースのプログラムは以前に発表されていたものだ。同製品の価格は、サーバソフト代金5000ドルに、サーバへ接続するユーザー1人あたり175ドルを足したものだとMicrosoftは説明している。

 Microsoftはこのスコアカード用ソフトウェアの2つめのベータバージョンを7月にリリースしていた。なお、IBMでも「Websphere」製品の1つとして、独自の企業ダッシュボード用ソフトウェアを投入することになっている。

 すでにビジネスインテリジェンス用ソフトウェアを出しているBusiness Objectsでは、Microsoftによるこの動きをそれほど重視していない。

 「顧客は自社にあるすべてのデータを利用したいと考えているが、Microsoftはこの点で常に苦戦を強いられるだろう」とBusiness Objectsの最高マーケティング責任者(CMO)Rene Bonvanieは述べている。「自社の業績に対して100%の責任を負う人間にとって、40%のデータしか見られないのでは、何の意味もない」(Bonvanie)

 Bonvanieは、Business Objectsが自社の縄張りを守るつもりであることをはっきりと口にした。「これはわれわれの市場であり、Business ObjectsはMicrosoftのプラットフォーム上でさえ、何倍も規模が大きい」(Bonvanie )

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]