編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「仮想化ソフトは第三者機関が管理すべき」--日本HPがXenへの取り組みを説明

田中好伸(編集部)

2005-10-31 05:58

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月28日、仮想化ソフト「Xen」への取り組みを説明した。取り組みを説明したのは、米Hewlett-Packard研究所Internet Server & Storage Labs(ISSL)の仮想化プラットフォーム担当のTom Christine主席研究員。

米HP研究所のTom Chiristine主席研究員

 仮想化ソフトは、ハードウェアと基本ソフト(OS)の間に位置して、1つのサーバ上で複数のOSを稼動させることができる。OSごとに乱立するサーバを統合させる手段として、TCO(総所有コスト)を削減させたい企業から注目を集めている。

 Xenは、英Cambridge大学が中心になって開発したオープンソースの仮想化ソフトであり、現在は米XenSource社が開発・サポートしている。HPはXenのソースコードの64ビット化を実施してきている。

 Xenは、HPのほかに米IBMや米Dell、米Sun Microsystems、米Intel、米AMDなどのハードウェアベンダー、米Novell、米Red Hatといったソフトウェアベンダーが開発を支援しているが、開発・サポートの中心はIan Pratt氏が率いる、Xenのコンサルティング会社であるXensourceだ。

 説明の中でChristine氏は「仮想化ソフトは、HPが推進するユーティリティ・コンピューティングを実現するために不可欠な技術である。サポートされるプロセッサ、OS、サービスの種類の多さが重要なポイントとなる」とXenなどの仮想化ソフトの重要性を強調した。

 仮想化ソフトの重要性を強調するChristine氏は「標準的となる仮想化ソフトは、オープンソースとして中立的な第三者機関によって管理されるべき」と主張した。特定企業が仮想化ソフトを独占すると、OSを含めて、その上で稼動するアプリケーションの開発にも大きな影響を与えてしまうからだ。

「WindowsがデスクトップPCで大きな割合を占めたことで、アプリケーションはWindowsに対応しなければならなかった。このような“Business control point”になる可能性が仮想化ソフトにはある」(Christine氏)

 Business control pointを排除するという目的から、Christine氏は「仮想化ソフトはいかなるOSとも統合することがあってはならない」と主張。OSとの統合を果たすと、「ライセンスや流通上の問題を引き起こす可能性がある」(Christine氏)からでもある。

 現在Xenは2.0がリリースされており、2006年2月までには3.0/3.1がリリースされると見られている。3.0/3.1では、64ビットCPUへの対応が実施されるほかに、ハードウェアでの完全な仮想化がサポートされている。Intelが「Vanderpool Technology」で、AMDが「Pacifica」で仮想化技術をサポートする。

Xen(ゼン)の説明会は鎌倉の禅宗の建長寺で行われた。境内の一角には、HPのIntegrity Superdomeが置かれていた


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]