ひそかに人気を集める開発ツール「Ruby on Rails」--無駄な複雑性の省略を目指す - (page 2)

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-11-01 13:02

道を開拓する

 Gearyはあるブログで、「企業コンピューティングの分野には、Ruby on Railsほどのマインドシェア性を持つ製品は存在しない」と述べ、「Ruby on Railsが近い将来に転機を迎え、広く採用されるようになることをわたしは確信している」と記した。

 Ruby on Railsは、PHPなどのスクリプト言語の俊敏性と使用の簡便性を、「クリーン」かつ系統だったJavaアプローチと両立させることを視野に入れていると、Hanssonは説明する。そうすることで、コードを迅速に記述でき、保守も容易になっていくのだという。

 Hanssonは「こうしたJavaとPHPの対照的な性質を融合し、機敏性と単純性を追求しようと考えている」と話した。PHPアプリケーションは保守が難しく、一方「Java Enterprise Edition」ソフトウェアは非常に複雑で習得におそろしい努力を要すると、Hanssonは指摘している。

 Ruby on Railsについて書かれた書籍は現時点では1冊しかないが、7〜8冊の新刊の執筆が進んでいるという。また2005年は、初めての開発者カンファレンスが開催され、60名が参加した。今年のカンファレンスには、商用開発に携わる開発者を中心に200名が集まった。Hanssonは、次回は800名近くの集客が見込めるとしている。

 JavaやMicrosoft C#をスクリプト言語で代用する傾向が強くなっているが、Ruby on Railsへの関心もそうした時流に乗って増大している。PythonやPHP、Rubyといったスクリプト言語は、アナリストや開発者によれば、習得が比較的簡単だということだ。

 リサーチ企業Burton Groupでは、企業顧客に対し、新たに立ち上げるウェブ開発プロジェクトでRuby on Railsを採用するよう勧めている。同社のアナリストRichard Monson-Haefelは、同ツールセットが「Web 2.0スタイルの」アプリケーションの開発運用に特に力を発揮すると話した。

 しかしRuby on Railsは、とりわけデータベースへのアクセスにおいて特殊なアプローチを取っており、限界もあるとMonson-Haefelは言う。

 「同ツールが本当に実用的であるのは、データベーススキーマを完全にコントロールできる場合か、『まったく新しい』アプリケーションに取り組んでいる場合だ」(Monson-Haefel)

 もっともHanssonは、ストアドプロシージャなどのプログラムをはじめとする、データベース機能をサポートしなかった点にこそRubyの価値があり、主流に逆うことで革新性を実現できると考えている。

 「あえて革新的なアプローチを採用することにした。データベースを賢くすると言われるストアドプロシージャなどの機能は害悪だ。この意見に違和感を覚える人もいるかもしれないが、それは、これらの機能に慣れてしまっているからだ」(Hansson)

 Hanssonは将来、同ツールのシンプルさをさらに向上させ、コードの記述支援だけでなく、開発サイクル管理などの機能も追加する予定だ。また同氏は現在、ウェブアプリケーションをクラスタ上に簡単に展開するためのツールを考えているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]