編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NTTデータイントラマート、国産オープンソースを組み込んだ開発ソフト

WebBCN (BCN)

2005-11-09 11:30

 NTTデータ イントラマート(中山義人社長)は、国産オープンソース「Seasar」を組み込んだJ2EEソフト「intra-martフレームワーク」の新バージョンを06年1月をめどに販売する。

 「intra-martフレームワーク」は、Webベースでの企業の業務システムなどを短期間、低コストで構築できるソフト。プログラミング言語「Java2」にサーバー用機能を加えたJ2EEを基盤とする。一方、国産のオープンソース「Seasar」は、J2EEの開発がより容易になる。今回、このソースを取り入れることで製品を使ったシステム構築のスピードが従来製品よりも2-3倍向上した。

 「Seasar」の組み込みには、NPOのSeasarファウンデーション(栗原傑亨代表理事)が協力する。Seasarファウンデーションでは、ソースの提供を含め、「intra-mart」での動作検証などを行う。

 NTTデータイントラマートでは、Webと社内システムなどが統合できる新しいソリューションとして、これから業務システムの構築を考えている企業などに売り込む。その後、すでに従来製品を利用している1600社に対しても導入を呼びかけてゆく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]