編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

医療業界とSemantic Webを結びつける--W3Cが新グループ設置

CNET Japan Staff

2005-11-24 12:04

 World Wide Web Consortium(W3C)は11月22日、新たなインタレストグループを設置すると発表した。医療業界の各分野とSemantic Webの専門家を結び、保健医療および生命科学業界において学術分野をまたいだ協業、研究開発を促進。さらなる技術革新を実現することが目的という。

 「保健医療と生命科学のためのSemantic Webインタレストグループ(HCLSIG:Semantic Web for Health Care and Life Sciences Interest Group)」がそれ。ユーザーコミュニティが規定する特定のサービス群に対し、標準化されたSemantic Web仕様を決め、それらの導入を訴えていく。

 生命科学の範囲が医療分野だけにとどまらないにもかかわらず、化学者や生物学者、臨床医師らが生成したデータや情報が学際的に共有できていないことが課題になっている。この取り組みは、Semantic Webによるアプローチでこれらのコミュニティを連携させ、コミュニティの要求に合った情報基盤を構築することが狙いだ。単に関係者を集めるだけでなく、高度なシステムやプロセス、もしくは情報を相互に開放し、共用できる枠組みの構築を目指す。

 HCLSIGでは、保健医療および生命科学業界において相互運用可能なデータベースの開発を啓蒙し、それを促進すべく活動していきたい考えという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]