編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

VMware、各種サービスの拡充および日本語によるVCP試験を開始

エースラッシュ

2005-11-29 18:00

 ヴイエムウェアは11月29日、エデュケーションサービスとコンサルティングサービスの拡充および、「ヴイエムウェア認定プロフェッショナル(VCP)」の日本語による試験を開始すると発表した。

 ヴイエムウェアでは現在、「ESX Server」と「VirtualCenter」を使用した仮想化インフラストラクチャのエデュケーションサービスを日本語で提供している。今後はこれに加え、「VMware Capacity Planner」の設置と「VMware P2V Assistant」によるサーバ移行など、8種類のエデュケーションサービスを日本語で提供する。コンサルティングサービスに関しては総合的なエンドツーエンドのソリューションに加え、P2V移行ジャンプスタートや災害復旧・バックアップなど、9種類のコンサルティングサービスが提供される。

 また、ヴイエムウェアでは技術者個人パートナー/エンドユーザー/リセラー/コンサルタントなどITのエキスパートを対象に、VMware仮想化テクノロジーの展開およびメンテナンスをするための知識、スキルの資格認定をするためのヴイエムウェア認定プロフェッショナル試験を実施している。12月1日からは、この試験が日本語で提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]