編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

SAPジャパン、設定自動化ツール「SAP Best Practices」に新ビジネスシナリオなどを追加

CNET Japan Staff

2005-12-02 09:16

 SAPジャパンは12月1日、SAPシステムの導入プロセスを最適化する設定自動化ツール「SAP Best Practices」に、3種類の業種と2種類の製品に特化した新たなパッケージを追加したと発表した。同日より提供が開始される。

 SAP Best Practicesは、業種や製品ごとに特有の業務シナリオや機能モジュールをあらかじめ定義して提供するツール。中規模企業市場向けにSAPジャパンが推進する導入プログラム「mySAP All-in-One」の支援ツールという位置づけとなる。これまで、各業種共通の「ベースライン・パッケージ」と、製品向けではmySAP CRMを対象とした「SAP Best Practices for CRM」を提供してきた。

 今回の発表で、業種別では食品業界向けの「SAP Best Practices for Consumer Products」、化学業界向けの「SAP Best Practices for Chemicals」、産業用機械/構成部品業界向けの「SAP Best Practices for Industry Machinery & Components」の3種類を追加。

 それぞれ、複数のビジネスシナリオに対応する。なお、食品業界向けは、「食の安全性を確保するための原料から最終製品までのロットトレーサビリティ」などのビジネスシナリオが用意されているが、パッケージ名がConsumer Productsをうたっていることから、今後複数の一般消費財業界向けのシナリオが追加される見込みだ。

 製品別ではビジネス・インテリジェンス(BI)が対象の「SAP Best Practices for Business Intelligence」およびエンタープライズポータル(SAP EP)が対象となる「SAP Best Practices for Enterprise Portal」の2種類が追加された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]