NEC、ファイヤーウォールの設定不要なリモートアクセス技術を開発

WebBCN (BCN)

2005-12-05 11:22

 NEC(金杉明信社長)は、ファイヤーウォールの設定変更を必要としない、次世代リモートアクセス技術を開発した。同技術には、同社独自の「コールバックリンク確立機能」と「L2ファイヤーウォール機能」を組み込んでいる。

 コールバックリンク確立は、特定の安全な通信端末からの接続要求に対して、オフィスLAN内のベースステーションから接続する機能。これによりDMZに設置するファイヤーウォールの設定を変更することなくリモートアクセスが可能になる。また、インターネット上から直接アクセス可能な場所にベースステーションを公開する必要がないため、悪意のあるユーザーからの攻撃を回避できる。

 L2ファイヤーウォールは、通信端末においてコールバックリンク経由以外の通信を遮断する機能。同機能により、通信端末のインターネットアクセスを含むすべての通信がオフィスLAN経由となる。これによりLANのセキュリティ及び運用ポリシーを通信端末へ完全適用し、強固な秘話性を確保する。また、LANアプリケーションも動作可能とする「暗号化イーサネットトンネリング機能」と連携することで、オフィスLANと同一環境を提供する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]