編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTT-AT、RFID使った位置検出開発キット、アクティブ型RFIDシステムで

WebBCN (BCN)

2005-12-05 11:27

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT、石川宏社長)は、オープンスペースで約50mの通信が可能なアクティブ型のRFIDシステム「NIRE」を発売した。また、同システムを利用し、屋内や地下街などGPSが使用できないエリアに利用できる「位置検出開発キット」を06年2月1日に発売する。

 「NIRE」は、従来のアクティブ型RFIDシステムと比べて通信範囲が広く、送信周期3秒で約1.5年、送信周期30秒で約6年という長い電池寿命、顧客の要望に応じた発信間隔の調整や、受信装置の制御が容易であることが特徴。動いているかを検知する振動センサー付きのタグと、振動センサーなしタグの2種類を用意する。

 このタグと、NTT研究所がソフトウェア化した「アクティブ型RFIDを用いた位置推定アルゴリズム」を活用した「位置検知システム開発キット」を併用することで、さまざまなニーズにあった位置検知システムが導入可能になる。GPSが使用できないエリアの対象物や、タグをリーダに近づけるといったアクションなしで位置検知できるのがメリット。同社では、物品の所在管理・貸し出し管理システムや、商業スペースなどでの顧客の行動パターン把握、従業員管理などを想定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]