編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

RSA、金融業界向け認証サービスプロバイダを買収

Will Sturgeon(Special to CNET News.com)

2005-12-06 13:07

 IDおよびアクセス管理企業RSA Securityが、認証サービスプロバイダCyotaを1億4500万ドルで買収した。

 RSAは、株式非公開企業のCyotaを取得したことで、製品ポートフォリオを拡充でき、金融サービス業界に関する豊富な専門知識を得られるようになる。Cyotaが提供する消費者向け詐欺対策および認証技術の顧客リストには、Bank of AmericaやBarclays、Capital One、HBOS、RBSなどが名を連ねている。

 RSA Securityの社長兼CEOであるArt Covielloは、フィッシングやID詐欺の頻発を受け、銀行はより強力なオンライン認証サービスを整備する必要に迫られているが、RSAは今回の買収を通して、そうした金融業界の消費者向けサービスに積極的に関わっていくことができると述べた。

 Covielloは先頃、Silicon.comに対して、強力な認証サービスを導入していない銀行はすぐに危機感を感じるようになるだろうと語っていた。

 「消費者は行動で意志を表す。銀行をかえることはないかもしれないが、オンラインバンキングの利用は中止するだろう。認証サービスを整備していない銀行は、態度を改めざるを得なくなるはずだ」(Coviello)

 対象は銀行だけではなく、RSAおよびCyotaの提供品を統合した製品は、Eコマース市場でも力を発揮すると、Covielloは米国時間5日に発表した声明の中で主張している。

 買収契約は、2005年末までに完了する見込みだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]