編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

サン、「UltraSparc T1」チップ搭載の新サーバを発表

Stephen Shankland(CNET News.com)

2005-12-07 19:37

 Sun Microsystemsは米国時間6日に、ニューヨークで「UltraSparc T1」プロセッサを搭載する新サーバを発表した。この新製品は、同社の核となる顧客を満足させることで、低迷を続けるサーバビジネスを立て直すための取り組みの重要な部分を担うものだ。

 「Sun Fire T2000」および「T1000」に搭載されたUltraSparc T1プロセッサ(開発コード名「Niagara」)は革新的な設計の製品で、Sunではこのプロセッサを投入することで市場シェアの低下が続くSparcファミリーを立て直したいと考えている。Niagara搭載システムは、Sunは3カ月前に発表した「Galaxy」シリーズのx86サーバに続く、同社の新しいサーバ製品群の第2弾となる。

 厚さ3.5インチのT2000は、7795〜2万5995ドルの価格ですでに発売になっている。一方のT1000は、2995〜1万995ドルの価格で2006年第1四半期に発売される。T1000は、厚さがT2000の半分で、T2000に搭載されている予備コンポーネントは省かれている。

 Sunは当初、このシステムの用途として、ウェブページの配信といったローエンドのタスクを想定していた。しかし、同社が徐々に野心を広げた結果、T1搭載マシンはJavaサーバソフトウェアやミッドレンジのデータベース、IBMのLotus Notesのような電子メールサーバソフト、そしてSAPの会計/在庫ソフトウェアなどの運用にも適している、とされるようになった。

 同社CMO(最高マーケティング責任者)のAnil Gadreは、「製品ラインアップの再構築はこれで完結すると思う。Niagaraの投入で、Sparcの長期的な方向性に対する新たな信頼が深く浸透していくと思う」と語っている。

 Sunにはそうした信頼を取り戻す必要がある。ドットコムバブルの崩壊にスケジュールの遅れや思わしくないパフォーマンスが重なり、Sunの信頼は地に落ちてしまった。その結果、SparcシリーズはIBMのPowerプロセッサや、IntelおよびAdvanced Micro Devices(AMD)が出しているx86プロセッサに苦戦を強いられてきていた。

 Sunのサーバの売上高は、2005年第3四半期には7.6%減の10億5000万ドルとなったが、これに対し同期におけるIBM、Hewlett-Packard(HP)、Dellの売上の伸びは、5.6%という市場全体の成長ペースをそろって上回った。さらにSunは、自社が好んで力説する出荷台数でも上位3社のライバルや市場全体に遅れを取っていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]