編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

サイバネテック、RAID構造のNAS「SuperPhoenix-IIシリーズ」発売

エースラッシュ

2005-12-09 21:50

 サイバネテックは12月9日、RAID構造のNAS「SuperPhoenix-IIシリーズ」を発売した。

 SuperPhoenix-IIシリーズは「SuperPhoenix-?2803」「SuperPhoenix-?2123」「SuperPhoenix-?3163」の3つがあり、それぞれにLinuxベースのNAS OS「ProNASver.1.1」と「WSS2003 NAS OS」搭載モデルが用意されているため、合計で6機種となる。

 SATA−II HDDベースにIntel i80321 64bit RISCを装備したハードウェアRAID構造を持つほか、メインシステムCPUにはSingle/Dual−Xeon 3.0GHzを搭載。フォームファクタは、2803と2123が高さ2Uの19inchラックマウント筐体で、3163が高さ3Uの19inchラックマウント筐体となっている。ProNAS version 1.1搭載モデルでは、Voluem Snapshot/Voluem Replication/HAクラスタリング/1ボリューム2TBの制約解除などの各機能が追加された。

 価格は、ProNASver.1.1搭載のSuperPhoenix-?2803NASが149万5000円〜、WSS2003 NAS OS搭載のSuperPhoenix-?2803WSSが169万5000円〜。なお、出荷時期については今月末を予定しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]