「日本版SOX法対応とCPM実現は表裏一体」--コグノスのBI戦略

山下竜大(編集部) 2005年12月13日 18時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コグノスは12月12日、統合ビジネス・インテリジェンス(BI)プラットフォーム「Cognos 8 Business Intelligence」の日本市場向け出荷開始に伴い、同社が提唱するエンタープライズBI戦略を紹介するプレス向けの説明会を開催した。

 Cognos 8 Business Intelligenceは、2004年9月に世界同時発表された統合BIプラットフォームの最新版。説明会では、日本版SOX法への取り組みとCPM(Corporate Performance Management:コーポレートパフォーマンス管理)基盤への適用、日本市場における展開などが明らかにされた。

 2007年に施行され、2008年3月期から導入が予定されている日本版SOX法は、企業統治を監査するための新制度。西武鉄道の有価証券虚偽記載やカネボウなどの粉飾決算などの事件から日本の金融庁が策定を急いでいる。

 米国SOX法は、監視活動、情報と伝達、統制活動、リスク評価、統制環境という5つの要素で構成されているが、日本ではさらに“情報技術(IT)を活用した統制”が加えられているのが特長だ。そのため多くのITベンダーが、日本版SOX法への取り組みを推進している。

コグノス マーケティング本部 エリアバイスプレジデント、内田雅彦氏

 コグノスのマーケティング本部 エリアバイスプレジデント、内田雅彦氏は、「内部統制の目的は“業務の有効性および効率性を高める”ことで、さらに“財務報告の信頼性を高める”ことにある。単に“評価基準および監査基準”をパスするだけの仕組みではなく、企業価値を高める基盤であるべき」と話す。

 そのためには、現場の活動を可視化し、経営の透明性を確保する助けとなる情報活用基盤が不可欠であり、Cognos 8 Business Intelligenceを使用したCPMを実現することが有効になるというのがコグノスの主張だ。内田氏は、「CPMは、企業のあらゆる利用者に、適切な手段で企業活動を可視化し、円滑な意志決定を支援するための基盤を提供する」ことを強調した。

 Cognos 8 Business Intelligenceが、いかに日本版SOX法を構成する6つの基本要素をサポートするかは次のとおり。

  • 統制環境:スコアカード
  • リスク評価、ダッシュボード
  • 統制活動:イベント管理、レポート
  • 情報と伝達:ポータル、ダッシュボード、レポート、イベント管理
  • 監視活動:クエリー(検索)、レポート
  • 情報技術(IT)を活用した統制:セキュリティ基盤、レポート

 内田氏は、「日本版SOX法への対応と企業の業績管理は表裏一体で考えるべき、またCEOやCFOのためのシステムと現場のシステムには一貫性を保つべき。コグノスのCPMのコンセプトは、日本版SOX法の基盤作りに最適なソリューションとなる」と話している。

 Cognos 8 Business Intelligenceの日本市場向けの展開では、コグノス社内の営業体制を日本のトップ200社にフォーカスした産業別の組織に再編し、ハイテク、自動車、流通、製薬、金融などのトップクラスの企業におけるエンタープライズBIおよびCPM導入事例作りを強化する。

 また、販売パートナー向け支援策として、Cognos 8 Readyパートナープログラムを導入するほか、パートナーの提供するソリューションへのCognos製品の組み込みやOEM販売を推進する。さらに顧客企業向けの導入促進として、エントリーレベルライセンスの導入やコンサルティングファームとの協業によるCPMビジョンの啓蒙、移行キャンペーンなどを計画している。

 内田氏は、「Cognos 8 Business Intelligenceの導入による日本版SOX法への対応およびCPMの実現は、今すぐというのではなく、2年、3年、5年と、長期的かつ継続的な利用を見込んでいる」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化