IBMから新興企業向けクロスライセンスプログラム「IBM Ventures in Collaboration」

Dawn Kawamoto(CNET News.com) 2005年12月14日 15時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間13日、ベンチャーキャピタリスト(VC)とその出資先である新興企業向けの特別クロスライセンシング・プログラムを発表した。このプログラムにより、同社の技術を新興企業に利用させようという狙いである。

 「IBM Ventures in Collaboration」プログラムの下では、ベンチャーキャピタルとその出資企業は、2段階のライセンシングプログラムへのアクセスを得ることができる。同プログラムは、IBM製品のライセンシングコストを引き下げ、若手企業のためにライセンシングプロセスを簡易化することを意図したものである。

 IBM Venture Capital Group広報担当者のMichelle McIntyreによれば、年商1000万ドル未満の新興企業は、スタンダードな3年間のクロスライセンシング契約を2万5000ドルで取得できるという。

 年商1000万ドル以上で、製品を市場に投入しようという段階にある企業は、カスタマイズされた5年間のクロスライセンシング契約を取得し、ロイヤリティーとして1%を支払う。McIntyreによれば、企業が契約を得られる資格として収入の上限はないという。

 「このプログラムは、VCから出資を受け、初期段階にある企業が遭遇する障壁を除去し、このような企業にIBMの『特許の貯蔵庫』にアクセスする機会を提供するものである」とIBM Venture Capital Groupのマネジングディレクター、Claudia Fan Munceは声明のなかで述べた。

 このプログラムは最初の段階ではIBMが提携するVC企業150社に開放されるが、同社のVCネットワーク外にある新興企業とも話し合う用意がある、とMcIntryeは述べている。参加VCの中にはWalden International、U.S. Venture Partners、そして3iが含まれている。

 IBMのクロスライセンシング・プログラムは、同社が若手企業との関係を強化しようという取り組みをみせるなかでの新たな動きである。これによりIBMは、同社のソフトウェアとハードウェアが新興企業の新製品に利用されることを願っている。またこの関係により、IBMは新興技術のトレンドを垣間見る機会を得ることができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化