編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

KDDI、auのIPプロビジョニングシステムに日本HPと日本BEAのソリューションを採用

CNET Japan Staff

2005-12-15 05:29

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)と日本BEAシステムズは12月14日、KDDIが展開するau携帯電話事業の基幹IPプロビジョニングシステム「ARIAL(アリエル)」を、「HP Integrity」サーバ上に「BEA WebLogic Integration」を配した構成で構築したことを明らかにした。このシステムは2000万契約を超えるauユーザーを支える環境として、すでに安定稼動している。

 KDDIは、増加の一途をたどる契約者や続々と追加される新サービスの実装に、これまで利用してきた携帯電話サービスの基幹システムが耐え切れないと判断。Solarisサーバで構築されていた基幹システムの刷新を決めた。

 そこで同社は、システム刷新の提案を複数にベンダーに依頼。提案を求めた主な改善点は、「システムの拡張性を確保」「開発のリードタイム短縮」「並行開発環境の実現」「開発コストの削減」「障害が他システムに影響を与えない設計」の5点。

 このRFPに日本HPは、HP IntegrityサーバとBEA WebLogic ServerおよびBEA WebLogic Integrationの組み合わせを提案。これが採用され、約8カ月の開発期間でシステムを構築した。データ移行件数1800万件以上、移行時間12時間で、すべてのマイグレーションを完了している。

 新基幹システムであるARIALの導入により、KDDIは開発期間30%短縮、案件対応能力150%向上、処理速度の向上など、さまざまな効果を得ている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]