編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東急不動産、減損会計対応で「JD Edwards EnterpriseOne」をアップグレード

CNET Japan Staff

2005-12-16 09:00

 日本ピープルソフトは12月15日、東急不動産が同社の財務会計アプリケーション「JD Edwards EnterpriseOne」をアップグレードし、会計業務の効率化を促進していることを発表した。東急不動産は今後、リアルタイムな収益分析を可能にする連結子会社とのシステム構築や日本版SOX法への対応などを検討する。

 東急不動産は、東急コミュニティーや東急リバブルを含む子会社52社を持ち、分譲マンション事業や賃貸ビル事業、リゾート事業、不動産証券化事業などを手掛ける総合不動産業者。事業の多角化に取り組んでいる。

 同社は複数のベンダーのアプリケーションを比較し、コストパフォーマンスの高さとExcelデータとの親和性を評価し、EnterpriseOneの採用を決定した。1999年以来活用してきたEnterpriseOneの実績も評価されている。

 今回のアップグレードで、新たに減損会計に対応するため固定資産モジュールが追加された。また、パフォーマンスの改善などで、伝票データの検索時間が従来の約5分の1へと短縮し、インタフェースの充実による多角的な収益分析が可能になっている。

 東急不動産では、今後日本版SOX法への対応を考慮に入れたシステム構築を検討し、コーポレートガバナンスやコンプライアンスといった経営課題にこたえられるIT環境を構築したい考え。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]