日本HP、SCMの需給計画業務を改善する「RapidResponse需給計画ソリューション」

エースラッシュ

2005-12-19 18:48

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は12月19日、サプライチェーンにおける需給計画業務の改善支援をする「RapidResponse需給計画ソリューション」を発表した。

 加Kinaxisが提供する「RapidResponse」は、「最適解は人が決定する」というコンセプトをもとに、人間の意思による迅速かつ効果的な需給調整業務を可能にする次世代需給計画ソリューション製品だ。高速な需給計画エンジンの採用、仮説検証型シミュレーションが可能、組織や会社の壁を超えるコラボレーション機能、サプライチェーン全体の可視化ができるといった特徴がある。今回発表されたRapidResponse需給計画ソリューションは、加Kinaxisの日本法人であるキナクシス・ジャパンとの再販契約に基づき、日本HPがRapidResponseの販売および導入効果測定、業務コンサルティング、システム構築、導入支援、運用支援をする。

 RapidResponse需給計画ソリューションの具体的な内容は、適合性評価に加えて導入目標設定や実現へのステップを明確にする導入診断アセスメント、サプライチェーンや製品の特性に合わせた業務プロセスの改善を提案する導入支援コンサルティング、業務プロセスに沿った需給計画システムの設計や構築をするシステム構築サービスなど。さらに、導入支援サービスや運用支援サービスも提供される。

 日本HPではRapidResponse需給計画ソリューションを、日本企業向けグローバルSCMソリューションの中核としてハイテク製造業界、製造装置業界、医療機器業界、自動車および自動車部品業界での採用を進める。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]