編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

米保健福祉省、SASのBIソフトウェアを全組織で活用

CNET Japan Staff

2005-12-23 01:53

 SAS Instituteは12月14日、米保健福祉省(HHS)がSASとの契約を更新し、今後3年間、SASのビジネス・インテリジェンス(BI)および分析ソフトウェア、サービス、トレーニングを引き続き活用することを発表した。

 HHSは、今回の契約更新で「SAS BI Server」「SAS Strategic Performance Management」を含む、SASのさまざまなBI、アナリティックスソリューションを利用できるようになる。また、ガンの研究や患者ケアのためのcaBig(cancer Biomedical Informatics Grid)、生物テロ、新たな感染症を調査するBioSenseを始め、さまざまなプログラムでSASソリューションを引き続き活用する。

 SASは、新薬申請の審査、HIV/AIDSの研究や報告書作成、新しい処方薬保険(Part D)プログラムでの詐欺/乱用対策を含む医療制度改革に関する法律(Medicare Modernization Act)のサポート機能も提供する。

 なお、同省では、長官室をはじめ、国立衛生研究所(National Institutes of Health)、疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)、食品医薬品局(Food and Drug Administration)、メディケア・メディケイド・サービスセンター(Centers for Medicare & Medicaid Services)、先住アメリカ人に保険サービスを提供しているIndian Health Service、保険リソースサービス庁(Health Resources and Services Administration)、医療研究/品質局(Agency for Healthcare Research and Quality)、薬物乱用と精神衛生事業を管理するSubstance Abuse and Mental Health Services Administration、児童/家庭援護庁(Administration for Children and Families)など、ほぼすべての部署でSASソリューションを使用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]