編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

インフォスクエアなど3社、中小規模ネットワーク向けウィルス&迷惑メール対策製品を出荷

CNET Japan Staff

2005-12-28 04:04

 インフォスクエアとターボリナックス、日本エフ・セキュアの3社は12月27日、Linuxベースのセキュリティソリューションで提携すると発表した。この提携でインフォスクエアは、中小規模ネットワークを対象とした低価格なウィルスおよび迷惑メール対策アプライアンス「NetSieve(ネットシーブ)」の販売を開始する。

 NetSieveは、WANとLANの境界に設置し、インターネットと構内に接続されているすべてのクライアントPCとの間を通過する通信データを常時監視するアプライアンス製品。電子メールやWebページに仕組まれたウィルス、迷惑メールを自動検出して排除する。

 ターボリナックスのLinux OS「Turbolinux 10 Server」と日本エフ・セキュアのセキュリティエンジン「F-Secure AntiVirus Linux Gateway」を組み合わせ、インフォスクエアが開発および運用サービスを提供する。総販売元はインフォスクエアで、主に販売店を通じて提供する。価格は、接続端末25台の場合、設定費込みで30万円より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]