編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JDL、インターネット連携機能を強化した会計ソフト2種

WebBCN (BCN)

2006-01-06 11:30

 日本デジタル研究所(JDL、前澤和夫社長)は、会計ソフト「JDL IBEX出納 帳X」と「JDL IBEX会計X」を発売した。価格は、「JDL IBEX出納帳X」が6万900円、「JDL IBEX会計X」13万4400円。

 「JDL IBEX出納帳X」は、勘定科目の入力が不要で、帳簿を付けるだけで財 務帳表が作成できる会計ソフト。新バージョンでは、電子メールを利用して顧 問会計事務所とデータの送受信ができる「インターネット会計」機能を強化。 同ソフトの起動時に会計事務所のネットワークサーバーとデータを動機する 「JDL NDストレージ」機能や、経理処理の終了と同時にバックアップデータを 作成し、電子メールで会計事務所に自動送信する「JDLネットバックアップ」 機能を新たに搭載した。

 「JDL IBEX会計X」は、本社・支社の経理処理や経営分析、予算管理など、 より高度な処理が可能な法人会計ソフト。「JDL IBEX出納帳X」同様、「イン ターネット会計」機能を強化し、本社と支社、顧問会計事務所をつなぐシステ ムを構築し、支社による日々の経理処理からのデータ収集、本社でのチェック、 会計事務所への監査依頼などがタイムリーに連携して行えるようになった。部門 管理や損益予算管理、キャッシュ・フロー計算機能などにより、全社の経営状況 を詳細に分析、把握することもできる。

 さらにデータ保全対策として「JDL ネット会計ストレージサービスBasic」 に対応。データセンターに最大5日分、1000MBまでのバックアップデータを保 管できるため、天災や事故などのネットワーク障害発生時にもデータを保護で きる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]