編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日立ソフト、IBM製パフォーマンス管理製品と連携可能な負荷テストツール

ニューズフロント

2006-01-17 16:35

 日立ソフトウェアエンジニアリングは1月17日、米IBM製パフォーマンス管理製品との連携を強化したウェブアプリケーション負荷テストツール「Assam WebBench Version 9.1 Enterprise Edition(EE)」を2月15日に販売開始すると発表した。

 Assam WebBench用の連携オプションを利用すると、IBMのコンポジットアプリケーション管理製品「Tivoli Composite Application Manager for WebSphere(ITCAM for WAS)」およびリソース監視製品「Tivoli Monitoring(ITM)」との連携が可能になる。

 これにより、Assam WebBenchで得た負荷テストの測定結果とITCAM for WASで取得したアプリケーションのパフォーマンスデータをAssam WebBenchに取り込み、クライアントサイドとサーバサイドのパフォーマンスデータをAssam WebBenchで一元的に分析できるため、日立ソフトは「ボトルネックの簡易な分析、早期発見に大変役立つ」としている。ITMとの連携では、負荷テストの測定結果をITMで管理したり、ITMのリソース監視結果とあわせて詳細に分析できるため、ウェブアプリケーションのパフォーマンス問題によるビジネス機会損失防止を強力にサポートできるという。

 日立ソフトは、Assam WebBenchの年間100ライセンスの販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]